transparent gif

 

Ej inloggad.

Göteborgs universitets publikationer

北京オリンピック・スポンサー企業のブランド訴求一スポンサー企業の広告パターンの比較研究一

Författare och institution:
Harald Dolles (Företagsekonomiska institutionen, Management & Organisation); Sten Söderman (-)
Publicerad i:
スポーツ・マネジメントとメガイベント: Jリーグ・サッカーとアジアのメガスポーツ・イベント, s. 223-245
ISBN:
978-48-30-94749-0
Publikationstyp:
Kapitel, refereegranskat
Förlag:
Bunshindo
Förlagsort:
Tokyo
Publiceringsår:
2012
Språk:
japanska
Fulltextlänk:
Sammanfattning (abstract):
本研究の目的は. 2008年北京オリンピック開催以前において国際的なオリンピック・スポンサーシップを動かした中核的動力を把握し,それを記述するところにある。デザイン,方法,アプローチとして.手段一目的モデルを適用する。スポンサーシップをブランド価値および戦略目標と結びつけて発揮される方策を結合プランデイングとする。この結合プランディング・売上高・新しい顧客という3つの因数を手段因数として使用した。目的因数は製品・企業・地域の3次元に区分された。分析は2001年から2007年までの中国の新聞と公式ウェブサイトに出てきた492の広告,記事,マスコミの報道を対象にした。発見された事実としては,オリンピック競技までの残余時間(日数)によって,異なったスポンサ一広告戦略パターンの原因になる7つの手段一目的の組み合わせが抽出された。初期段階におけるスポンサーは,主に結合プランディング・マーケティングJに焦点を合わせた。第2段階において,グローパルなオリンピック・スポンサーは. 結合プランディングJを企業イメージと結びつけており,中国現地ブランドは. 製品イメージ. 企業イメージと,新しい顧客に結びつけている。第3段階においては,グローパルなオリンピック・スポンサーは,現地市場と現地顧客にさらに焦点を合わせた。中国ブランドは,売上と製品に基盤を置いた活性化戦略を維持する傾向がみられた。しかし,少数の現地スポンサーは,スポンサーシップ投資を国際的イメジのてことして活用していた。
Ämne (baseras på Högskoleverkets indelning av forskningsämnen):
SAMHÄLLSVETENSKAP ->
Ekonomi och näringsliv
Nyckelord:
Olympic Games, Sponsorship, Mega-sporting Events, China
Postens nummer:
164114
Posten skapad:
2012-09-29 16:30
Posten ändrad:
2016-05-09 08:38

Visa i Endnote-format

Göteborgs universitet • Tel. 031-786 0000
© Göteborgs universitet 2007